FODプレミアムとdTVのサービスは一見似通っているように見えますが、果たして全部同じサービスでしょうか?

 

 

 

もし、同じ内容の動画配信サービスなら固定月額料金が安い方を選ぶだけ… しかし、全く同じサービスなんてありえませんよね?

 

 

 

この記事では、FODプレミアムとdTVの違いを様々な項目から徹底比較して、サービスの違いを明らかにしたいと思いますので、よかったら参考にしてみてください。

 

 

 

FODプレミアムとdTVの基本比較

 

それではFODプレミアムとdTVの基本情報をご覧ください。

 

基本比較表

FODプレミアム dTV
動画本数 推定15,000本 約120,000本
月額料金 888円(税抜き) 500円(税抜き)
無料期間 1ヶ月間  31日間
決済方法 クレジットカード

キャリア端末決済

yahoo!ウォレット

ケータイ料金と合算

クレジットカード

(回線契約無しの場合)

サポート 年中無休 年中無休

 

 

基本比較の詳細

 

動画本数は圧巻の約120,000本を要するdTVが、約15,000本のFODプレミアムを圧倒する結果に!

 

 

 

しかし、動画本数だけでいうと100,000本以上の大差がありますが、dTVが提供する動画には、カラオケを含む音楽だけで60,000本を超えています。

 

 

 

ここではVOD(ビデオ・オン・デマンド)の醍醐味ともいえる、映画やアニメ、ドラマなどの動画コンテンツの数を重視していますので、大きな差は無いと判断します。

 

 

 

次に、固定月額料金ですが、dTVが500円(税抜き)で、888円(税抜き)のFODプレミアムを圧倒しているように見えます。

 

 

 

しかし、固定月額料金で混乱しやすいのは、全ての動画が見放題ではないことです…

 

 

 

FODプレミアムとdTV両者ともPPV(ペイ・パー・ビュー)の動画が存在します。

 

 

 

FODプレミアムは、毎月PPVの視聴などに使えるポイントが1300円分プレゼントされますので、PPV動画の視聴も視野に入れるのであればFODプレミアムに軍配があがります。

 

 

PPV(ペイ・パー・ビュー)とは

 

有料テレビ放送の課金方式の一つ。視聴する番組の本数や時間に応じて料金が請求される方式。

引用:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

 

環境比較

 

こちらは、FODプレミアムとdTVに対応する環境を比較するコーナーです。

 

 

環境比較表

FODプレミアム dTV
対応デバイス パソコン

スマートフォン

タブレット

テレビ

パソコン

スマートフォン

タブレット

テレビ/レコーダー

セットトップボックス

ストリーミングデバイス

画質 HD HD,HDR,4K
同時視聴数 5台 非対応
ダウンロード 不可 可能

 

 

環境比較詳細

 

対応デバイスに関してはdTVが多くの機器に対応しています。

 

 

 

FODプレミアムはHDに対応していますが、dTVは4Kにまで対応しています。

 

 

 

動画配信サービスをリビングにある大画面のテレビなどで視聴する際に、最も重要視される画素数ではdTVに軍配があがります。

 

 

HDとフルHDの違い

HDとフルHDの違いは、かんたんにいうと画面の「きめ細やかさ」の違いで、それぞれの解像度は、「HD=1280×720」で「フルHD=1920×1080」となっています。

 

この解像度の数値が大きいほど、きめ細かく画像を表示できます。 例えば、同じサイズのディスプレイでも解像度が高いほど良い画質で視聴できるということになります。

 

 

しかし、4K画質で視聴するには4K対応の機器が必要になり、そこは人それぞれの環境に左右されますので、dTVのホームページで確認しましょう。

 

 

 

同時視聴数は、FODプレミアム5台に対しdTVは対応していません。

 

 

 

例えば、dTVを5人家族でべつべつに視聴するとなると、アカウントを複数取得する必要があります。 すると、500円(税抜き)×5の固定月額料金が課せられますので、決して経済的とは言い難いです。

 

 

 

そして、外出時に通信量を気にすることなく動画を視聴したい方が重視する「ダウンロード機能」を備えているのはdTVになります。

 

 

ジャンル比較

 

動画配信サービスを特徴付けるのは提供ジャンルの数や濃さです。ここではジャンルの比較を行います。

 

 

FODプレミアム dTV
ジャンル ドラマバラエティ

アニメ

キッズ

映画

スポーツ

アナウンサー

FODオリジナル

FODマガジン

    • ドラマ
    • 映画
電子書籍 雑誌100誌など

 

 

ジャンル比較考察

 

ジャンルに関しては、FODプレミアムもdTVもお互い独創性のあるオリジナル作品に力を入れています。

 

 

 

実は、FODとdTVはタッグを組んで共同制作作品がいくつも制作されています。

 

 

 

これは、VOD(ビデオ・オン・デマンド)と地上波放送との違いを表すもので、VODは地上波の縛りも少なく自由度の高さがあります。

 

 

 

このことから、2018年以降のVOD界隈では、多くの共同作品が作成される時代になり、動画配信サービスの競争が激化していくのではないでしょうか?

 

 

 

FODとdTVの共同制作の作品は

 

  • パパ活
  • 彼氏をローンで買いました
  • Love or Not
  • 花にけだもの

 

などがあります。

 

 

 

そして、お互いの完全オリジナル作品も多数あるので、オリジナル作品に関しては好みが分かれる部分でしょう。

 

 

 

ちょっとこれは… と思ったのが、dTVのジャンル分けが非常にわかりにくいことです。

 

 

 

ジャンル表記でわかりにくいもの表

ガールズ ダイエット/ファッション
シアター 演劇/漫談
ショートショート 実写・アニメの短編もの

 

 

など、ジャンル名だけでは何を指しているのか想像がつきにくく、検索しているにもかかわらず、作品が見つかりにくいこともあります。

 

 

 

次に、電子書籍で雑誌やマンガを読めるかという項目ですが、FODプレミアムは雑誌・マンガ共に購読できます。

 

 

 

dTVはちょっと特殊で、電子書籍としてマンガを読むというよりは、紙芝居風で音声が出るマンガといえばよいでしょうか…

 

 

 

見せ方としては動画ではなく、あくまでも読み聞かせのようになっているので、単純に比較できませんが、それならではの独特な雰囲気を味わえます(笑)。

 

 

 

マンガは両者とも1巻無料で他が有料という作品が多いですが、スキマ時間を埋めるマンガというジャンルはとてもありがたいですね!

 

 

FODプレミアムとdTVの比較まとめ

 

一見似たようなサービス内容でも細かく見ていくと大きく分けて3つの違いが浮き彫りになりました。

 

  • 動画本数だけでは語れない
  • 環境比較での違い
  • オリジナル作品がある

 

FODプレミアムとdTVの特徴は、優れたコストパフォーマンスにあります。

 

 

 

FODプレミアムはフジテレビ系の番組の見逃し配信や独占配信が唯一無二の魅力で、dTVはバラエティ豊かなジャンル分けで、様々なユーザーの要望に応えつつもオリジナル作品でハートを掴んで離さない魅力があります。

 

 

 

それぞれ一長一短の特徴があるのですが、実際は使ってみないと人それぞれの感覚まではわかりません。

 

 

 

FDOプレミアムもdTVも無料トライアル期間がありますので、どっちも使い倒した上であなた自身に合っている動画配信サービスかをじっくりと判断できます。

 

 

どちらも気に入らなければ無料トライアル期間に解約すれば、あなたには一切のリスクはありませんので、軽い気持ちで無料トライアルでVOD(ビデオ・オン・デマンド)を体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

FODプレミアムで無料体験する(1ヶ月間無料)

 

dTVのおためしはこちらから