動画配信サービスで人気の「FODプレミアム」と「Hulu」… どちらも魅力的なコンテンツでユーザーを魅了しています。

 

 

 

フジテレビ系の作品ならおまかせの「FODプレミアム」に対して、強力な海外ドラマ作品を提供する「Hulu」。

 

 

 

また、両者とも独自性のあるオリジナル作品も多数あり、どちらを選べばいいのか正直困ってしまいますよね? そんなあなたのために、独断と偏見で「FODプレミアム」と「Hulu」を徹底比較してみましたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

FODプレミアム&Huluの基本比較

 

まずは、みなさんが最初に気になる基本的な概要の比較を行います。

 

 

両者の基本比較表

FODプレミアム Hulu
動画本数 約20,000本 約50,000本
月額料金 888円(税抜き) 933円(税抜き)
無料期間 31日間 2週間
決済方法 クレジットカード

キャリア端末決済

yahoo!ウォレット

クレジットカード

キャリア端末決済

Paypal

iTunes決済

(AppleTV利用者)

Huluチケット

サポート 年中無休 年中無休

 

 

基本比較の勝敗は?

  • 動画本数ではHulu
  • 月額料金ではFODプレミアム
  • 無料期間ではFODプレミアム
  • 決済方法の多さではHulu
  • サポートは互角

 

勝ち星の数だけで見ると2勝2敗1引分と、いい勝負になったのではないでしょうか?

 

 

 

しかし、単純に動画本数はHuluが大きくリードしていますが、動画が魅力的かどうかに関しては、それぞれの強みが色濃く出るので比較するのが困難です。

 

 

 

動画本数に関しては、FODプレミアムの今後に期待したいところですね!

 

 

 

無料期間はFODプレミアムが明らかに強いので、Huluも無料期間を勉強していただけると、よりユーザーにとってやさしいサービスに近付けますね。

 

 

 

その他の項目は本当に紙一重で、互角とお考えいただいても問題ないと思います。

 

 

環境比較

 

ここでは、FODプレミアムとHuluの視聴環境の比較をします。

 

 

環境比較表

 

FODプレミアム Hulu
対応デバイス パソコン

スマートフォン

タブレット

テレビ

パソコン

スマートフォン

タブレット

テレビ

セットトップボックス

画質 SD/HD SD/HD/フルHD
VR 対応 非対応

 

 

環境比較結果

  • 対応デバイス:ほぼ互角
  • 画質:Hulu
  • VR:FODプレミアム

 

 

対応デバイスに関しては、セットトップボックス(STB)を利用できる以外は、互角となりました。

 

 

セットトップボックスとは

 

ケーブルテレビ放送や衛星放送、地上波テレビ放送(デジタル放送、アナログ放送)、IP放送(ブロードバンドVODなど)などの放送信号を受信して、一般のテレビで視聴可能な信号に変換する装置。

引用:ウィキペディア

 

 

 

画質は、FODプレミアムがHDでHuluの方がフルHDに対応しています。

 

 

 

HDとフルHDの違いは、かんたんにいうと画面の「きめ細やかさ」の違いで、それぞれの解像度は、「HD=1280×720」で「フルHD=1920×1080」となっています。

 

 

 

この解像度の数値が大きいほど、きめ細かく画像を表示できます。 例えば、同じサイズのディスプレイでも解像度が高いほど良い画質で視聴できるということになります。

 

 

 

と、いっても私のように主にスマートフォンで動画を視聴する方はあまり関係はありませんが、特にテレビなどの大画面で動画を視聴する方は、この解像度にこだわると高画質な作品を快適に視聴できます。

 

 

 

VRに対応しているのはFODプレミアムです。

 

 

 

VRとはバーチャルリアリティの略で、あたかもその作品の世界に自分がいるかのような仮想現実を体験できる動画です。

 

 

 

VR動画を視聴するには、スマホアプリのFODVRを無料ダウンロードして、VRゴーグルを通してFODVRアプリで視聴できます。

 

 

 

提供されているVR動画は有料、無料の作品があり、再生時間は長くて10分弱と短編が多いまだまだこれからのジャンルですが、間違いなく2018年以降動画市場を賑わわせるVRの分野に目を付けたFODプレミアムは先見の明がありますね!

 

 

 

環境比較をまとめると、個人的にはほぼ互角ではないでしょうか?

 

 

提供ジャンル比較

 

提供ジャンルは、それぞれの動画配信サービスのコンセプトもあるので、一概にどっちが最高とか優劣はつけ難いですが、FODプレミアムとHuluはどのような違いがあるのかを比較してみました。

 

 

提供ジャンル比較表

 

FODプレミアム Hulu
ジャンル ドラマ

バラエティ

アニメ

キッズ

映画

スポーツ

アナウンサー

FODオリジナル

FODマガジン

海外TV

国内TV

海外映画

国内映画

アニメ

FOXチャンネル

リアルタイム

系列 フジテレビ 日本テレビ

 

 

ジャンル比較結果

 

実際に提供動画ジャンルを検索してみると、FODプレミアムは国内のドラマや映画に強く、Huluは海外ドラマに関しては非常に強力です。

 

 

 

比較表には記載されていないのですが、FODプレミアムとHuluどちらもオリジナル作品が存在していて、それぞれ独自性を出している部分は同じです。

 

 

 

ただ、FODプレミアムに関しては、FODマガジンというジャンルで100種類以上の雑誌や数々のマンガを電子書籍で提供されているので、動画以外楽しみも盛り沢山です。

 

 

テレビ系列

 

FODプレミアムはフジテレビ系のドラマ見逃し配信に対応し、Huluは日本テレビ系のドラマ見逃し配信を提供しています。

 

 

 

そんな強力な放送局のプッシュにより、FODプレミアムもHuluも、各局のドラマ見逃し配信だけではなく、バラエティ番組も配信されていて、これは完全に好みで選んでいただければと思います。

 

 

 

提供ジャンルに関しては、国内のフジテレビ系作品ならFODプレミアム、海外ドラマや日本テレビ系作品ならHuluを選ぶとよいのではないでしょうか?

 

 

各種比較まとめ

 

正直言ってどちらが上ということは言えませんが、それぞれの特徴をまとめます。

 

 

FODプレミアムとHuluの強み

強み表

FODプレミアム Hulu
強み 国内ドラマ

フジテレビ系

雑誌読み放題

VR

オリジナル

アナウンサー

複数端末同時視聴

海外ドラマ

日本テレビ系

オリジナル

スポーツ

リアルタイム

 

 

 

FODプレミアムの特徴は、フジテレビ系の往年の名作ドラマやアニメ、そして、新作のドラマやアニメとバラエティに加え、魅力的でマニアックなオリジナル作品を楽しめます。

 

 

 

そして、動画視聴の他電子書籍で雑誌読み放題も可能で、複数の端末で同時に楽しめるユーザーにとてもやさしい動画配信サービスです。

 

 

 

Huluの特徴は、日本テレビ系の番組が見逃し配信されていたり、海外ドラマの見逃し配信など全ての動画を見放題で楽しめます。

 

 

 

特に野球中継では、2018年の巨人主催の72試合をリアルタイムで配信されるのが決定していますので、巨人好きの方にはとても嬉しいチャンネルも準備されています。

 

 

FODプレミアムとHuluの弱み

 

FODはフジテレビの番組にガッツリ特化して、それを貫いています。

 

 

 

それが強力な強みでもあるのですが、ガッツリ特化することを貫いているあまり海外ドラマに弱いという欠点もあります。

 

 

 

その他、有料コンテンツがあったり、ゲーム機再生に対応していないという部分が挙げられます。

 

 

 

Huluは、海外ドラマや海外作品に力を入れつつも、日本テレビとタッグを組んで日本テレビの番組を網羅していますが、フジテレビの月9ドラマは視聴できません。

 

 

 

しかし、FODプレミアムで提供されている雑誌やマンガなどの、電子書籍のサービスは行われてません。

 

 

FODプレミアムとHulu比較総まとめ

 

FODプレミアムもHuluも独自性が色濃くあり、月額使用料もほぼ同額でユーザーにとってはとても満足できる水準といえます。

 

 

 

しかし、重要なのは比較項目の善し悪しではなく、あなたが欲しいサービスがあり、そこに金を出してでも受けたいか? という部分です。

 

 

 

今回の記事では、細かく比較をしてまとめてありますので、登録の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

どちらのサービスもとても魅力的で、どっちが良いか迷ってしまう方も当然いると思います。 そのくらいどちらのサービスも甲乙つけ難いくらい拮抗しています。

 

 

 

そんなあなたのために、FODプレミアムとHuluでは無料トライアルというお試し期間が設けられています。 特に迷いがある方はどちらもおためしする選択も大有りですので、まず無料体験してみてはいかがでしょうか?